おんそにのかわいいポケモンで勝ちたい

毎シーズン違うパーティを使うことを心がけています。

【剣盾シングルS29】Wキュレムは初手竜舞?! 2ロム1900霰ドラゴンパ【最終238位、272位】

f:id:onsoni:20220501121809p:image

f:id:onsoni:20220510190504j:image

 

おんそにと申します。

竜舞両刀Wキュレムという変わったポケモンでレート1900を達成したので記事にします。

2ROM1900ということで、おもちゃではないことが分かると思いますのでぜひ見ていってください!

 

【構築経緯】

 まず、ホワイトキュレム×ザシアン受けの選出が環境にそこそこ刺さっていることに着目した。

ただ、一番メジャーな型であるHDホワイトキュレムを使用してみたところパワーが足りず、、、

剣盾第2位のC種族値170から繰り出される一致最高火力はまさかの『フリーズドライ(威力70)』またはもはや種族値など関係ない『ぜったいれいど

これはこれで強く前期結果を残している方もいるのだが、伝説とはなんぞやとつい考えてしまった。

アタッカー型なら珠ダイアースでザシ犬倒せる火力はあるんだけど、結局上からしばかれ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

竜舞あるやん」

 

 

 

 

こうして誕生した竜舞ホワイトキュレムは、ついでにげきりんも採用することで特殊受けでも止まらない見たことのない生き物となった。

取り巻きは安全に積むために必須のアローラキュウコン、ザシアン受け兼あくび起点作り役にヌオー、日ネク等はがねタイプ対策に同じく竜舞型のジガルデ、タスキ枠にエースバーン、とりあえずメタモンを入れてPTが完成した。

 

【個別解説】

 

ホワイトキュレム@いのちのたま

 ひょんなことから生まれた両刀Wキュレム。おっとりという性格補正を初めて使用した。カイオーガやサンダー等特殊アタッカーの前で竜舞を積みたいためBダウンの性格にしている。S1段階↑で最速ザシアンと同速になる。最速ザシアンは事故なのでほぼ上をとれる。

 このポケモンの火力はまさに伝説級で、

・ダイアイスでDM無振りイベルタル、DM無振りゼクロム確1、H252ゼルネアスあられ込み確1

・ふぶきでDM無振りサンダー確1、H252ヌオー確1

・ダイアースでH252ザシアン確1、H252日ネク確1

・A1段階↑ダイドラグーンで無振りカイオーガ確1、H252ハピナス確1

このように、ザシオーガサンダー、ザシイベルを始めとする有名どころに滅法強いことがわかる。

ちなみにブラックキュレムにしない理由はザシアンをワンパンできるかどうかの違い。

実際、竜舞さえ積めれば基本的に2タテ3タテできたので環境に刺さっていると思った。

最初は完全におもちゃだと思いながら使っており信用していなかったが、なんか負けなくね…?と薄々気が付いてきた頃にはそこそこ順位が上がっていた。

 ちなみに二つ名「夢叶えしキュレム」でめちゃくちゃかっこよいのでレンタルしてみてください。

 

 

プニさん@ラムの実

 Wキュレムをできれば出したくない日ネク、ディアルガ、ホウオウ等に出していく。キュレムよりも耐久面で安定しているので選出がしやすく信用度が高い。

 見た目のS種族値は50くらいかと思いきや実際はキュレムと同じ95族なので感覚的に使いやすかった。Sが下がるパーフェクト状態でも1舞で準速ザシアンは抜けるので十分全抜きが狙える。

 壁下でのスワームチェンジでの回復は、通常の2倍回復しているようなものなのでずるかった。

 持ち物に関してはコロコロ変えており、50%を維持しやすいオボン、フィラ、たべのこし等の回復系は壁との相乗効果もあり相性が良いと感じた。他にはヤチェを持たせて安定性を上げたり、弱保で攻撃に寄せたり色々試したが最終日はラムの実でホウオウに対して強く出す動きが上手くハマった。つまり何でもいい。

 

 

アローラキュウコン@ひかりのねんど

 今回のPtのコンセプト上壁張り役が必須なので採用した。

 準速エスバ抜き、余りC振り。

 他の壁張り役とは明確に違い1ターンで両壁を張れる点、あられを降らせることができる点、ぜったいれいどでかけられる負荷がえぐい点が強み。

 本来であれば壁を張り、倒させるまで零度でお茶を濁すのが役割。本来であれば、、、

しかし実際のこいつはジオコンゼルネを倒し、日ネクを倒し、ホウオウ、カイオーガコスパムゲンダイナ、めいそうルギア、受け出しのザシアン等を倒す悪魔であった。とりあえず1ターン貰えれば何が起こるか分からないし、普通に3タテする試合もあった。

最終日に知り合いとマッチし、開幕から2タテで降参をもらったときはどうなることかとヒヤヒヤだった。

 

 

ヌオー@ゴツゴツメット

  • 性格:わんぱく
  • 特性:てんねん
  • 努力値:H252 B252 D4
  • 技構成:じしん/あくび/じこさいせい/まもる

 普通のヌオー。

 初手キュウコンザシアン対面での引き先で、そこからあくびループで起点作成。

 ほぼほぼあくびのPPを枯らされるまで粘られたが、眠らせることよりもWキュレムと相手の特殊アタッカーの対面を作ることが大事。

例えば対ザシオーガでオーガキュレム対面を作ったとき、相手がしてくる行動はザシアン引き。

そのターンにこちらは竜舞を積んでしまえば、壁を張る必要も眠らせる必要もないということ。

あくびは対面操作のひとつの手段くらいに思っていた。

 

 

エースバーン@きあいのタスキ

 コンセプト上、禁伝にダイマを使うのでダイマなしでも強いタスキ枠が欲しかった。

ザシアンに強い点がウーラオス等より強いと思い採用した。

 また、ザシアンと組まれるオーガ黒バドやWキュレムの苦手な鋼タイプにも強めなのでとりあえず初手に投げたり、3匹目の詰めで出したりと汎用性が高かった。

 念のためキョダイ個体を採用している。

 

 

f:id:onsoni:20220502095257g:image

 

メタモンこだわりスカーフ

 普通のメタモン

 Ptの性質上、禁伝の2体同時選出をすることが少ないため、相手から借りることにした。

初手ザシアンがあまりにも多く、刺さりやすい。

その場合アッキサンダー等のザシアン受けに引かれることが多く、実質対面操作要員のようなところがある。

 

【基本選出】

  • 表選出

or

  • 裏選出

or

oror



【成績】

  • TN音速藍針鼠:最終238位 レート1909
  • TNおんそに:最終272位 レート1902

    f:id:onsoni:20220502103615j:image

    f:id:onsoni:20220502103617j:image

 

【最後に】

ここまで読んでいただきありがとうございました。

時間と体力の問題で1900でやめてしまいましたが、潜れば潜るだけ勝てる構築でした。

環境を動かすか、固めるかはプレイヤー次第だと思っています。

ポケモンに飽きたと思っている人にこそ使ってみてほしいです。

剣盾はまだまだ楽しめると思います。

 

 

次回からは、素直にブラックキュレムにします。

 

twitter:@hassaleh_kao

【剣盾シングルS16】エレキオーガゴチルゼル【最高3位/最終207位レート2002】

f:id:onsoni:20210404160521j:image

 

おんそにと申します。

強い構築ができたので公開します。

最初の週に潜って瞬間3位を取り(序盤元気マン)、最後の週に潜って最終日にレート2000を達成した(宿題最後にやるタイプ)そんな感じなのでほぼ最初と最後しか戦ってないです。

合計100戦未満、勝率7割でデフレシーズンにも関わらずさくっと2000が取れたのは構築の強さ故だと思うので、ぜひ見ていってください。

 

 

 

【構築経緯】

  1. まず始めに、トップ層含め幅広いポケモンに強い圧倒的エースとして物理珠レジエレキf:id:onsoni:20210404160627j:image
  2. 強烈に呼ぶ地面に強く、エレノラゴンのほぼ上位互換として戦えるスカーフカイオーガf:id:onsoni:20210404160619j:image
  3. レジエレキ、カイオーガに両対応してくる貯水ガマゲロゲトリトドンに対してイージーウィンができるカゴのみゴチルゼルf:id:onsoni:20210404160621j:image
  4. 上記3匹だとナットレイが激重なので採用した鉄壁ボディプレナットレイf:id:onsoni:20210404160625j:plain
  5. 初手悪ウーラオスがきついので襷フェローチェf:id:onsoni:20210404160612j:image
  6. 浮いてる枠、ダイマエース枠、ゴチルゼルとのコンボ枠としてくちばしサンダーf:id:onsoni:20210404160616j:image

 

【個別解説】

f:id:onsoni:20210404165648g:image

レジエレキ@いのちのたま

性格:やんちゃ

努力値:A252 S252 C4

技構成:げんしのちから/ボルトチェンジ/ワイルドボルト/しんそく

 

 通れば最強のエースであるレジエレキを、物理型にすることでさらに通しやすくした。

 ダイジェットサンダーやスカーフカイオーガ等を抜けなければ始まらないため準速。

 物理ダイサンダーで物理特化オーロンゲが50%の乱数で落とせるため、物理方面に甘えたオーロンゲ(クレッフィ)による壁展開に対して初見殺しが可能。ほぼ必ずひかりのかべから入ってくるので壁ゼルネなんかは初手で勝負が決まる。

 物理ダイサンダーは無振りザシアン確1なのが強い。

 ヌケニンピンポでげんしのちから採用。

 また、f:id:onsoni:20210404160627j:plainf:id:onsoni:20210404160619j:plainf:id:onsoni:20210404160616j:plainの並びを見せることでf:id:onsoni:20210202034633j:plainf:id:onsoni:20210202034625j:plain等の特殊受けを誘って勝つ試合も多い。

 技配置は上を特殊、下を物理にすることでメタモンにコピられた際に特殊寄りの両刀だと錯覚してもらう。

 こいつを軸として構築を組み、重いポケモンをあえて誘ってパーティ全体でカモってみたというのが今回のコンセプト。

f:id:onsoni:20210404165645j:image
カイオーガこだわりスカーフ

性格:おくびょう

努力値:C252 S252 H4

技構成:しおふき/こんげんのはどう/かみなり/れいとうビーム

 

 テンプレが一番強い。

 レジエレキが誘う地面f:id:onsoni:20210404235315j:imagef:id:onsoni:20210404235311j:imagef:id:onsoni:20210404235308j:imageに刺さるし、こいつ自身は水や特殊受けを誘うので物理レジエレキが刺さる。

 ガマゲロゲと対面した際特性が分からなければダイストリームを選択し、すいすいなら撃ち合い、貯水ならゴチルゼルバックという変わったダイマックスの使い方をしていた。

 


f:id:onsoni:20210404165736g:image

ゴチルゼル@カゴのみ

性格:おだやか

努力値:H252 D252 B4

技構成:ねむる/みがわり/コスモパワー/アシストパワー

 

 イージーウィン製造機。

 相手の地面枠がf:id:onsoni:20210405000421j:imagef:id:onsoni:20210405000425j:imagef:id:onsoni:20210405000427j:imageだったときにレジエレキ・カイオーガを初手に出して誘い、ゴチルゼルを合わせることで試合終了。グロパンヌオーは無理。

 カイオーガ対策の貯水ラプラスf:id:onsoni:20210405001203j:imageも起点にした。

 他には耐久型ムゲンダイナf:id:onsoni:20210405001206j:imageなんかはお互いに決め手がないので数的有利が取れている状態ならTODで勝ち。

 レジエレキ・カイオーガでキツい伝説枠f:id:onsoni:20210405002911j:imagef:id:onsoni:20210405002913j:imageに対して、サンダーのかいでんぱを入れて起点にする駒でもある。伝説枠を起点にする絵面はなかなかやばい。

 頭タマネギだし、唇はタラコだけど可愛いと思う。

  


f:id:onsoni:20210404165729g:image

ナットレイ@たべのこし

性格:のんき

努力値:H252 B252 D4

技構成:やどりぎのたね/ジャイロボール/てっぺき/ボディプレス

 

 レジエレキ・カイオーガを見て頻繁に選出されるナットレイに対してゴチルゼルでは勝てないため、ナットレイ対策のナットレイとして採用。一般的なナットレイにはボディプレナットレイが一番の対策になることを発見した。ナットレイにはナットレイを(ゲシュタルト崩壊)

 またナットレイを炎枠で対策している相手は少なく、多くの場合はウーラオスなどの格闘枠で対策されているため一度ナットレイ対面でてっぺきを積めばそのまま勝ちという試合も多かった。

 さらに伝説枠f:id:onsoni:20210405005413j:imagef:id:onsoni:20210405005415j:imageに強いこともあり、レジエレキ・カイオーガとの相性が抜群だった。

 


f:id:onsoni:20210404165726j:image

フェローチェきあいのタスキ

性格:ようき

努力値:A252 S252 H4

技構成:インファイト/とんぼがえり/トリプルアクセル/フェイント

 

 初手に出される悪ウーラオスが重いこと、格闘枠が強いと感じたこと、とりあえず初手に出せる駒があった方が出し負けせずに戦えるということを踏まえて採用した便利屋さん。

 受けポケを誘ってとんぼがえりからゴチルゼル合わせの動きも可能。

 タスキを持っているせいで相手にダイジェットを2回積まれてしまうデメリットあり。

 環境にそこそこ刺さっているし、特に文句のない先発要員で選出率も高い。

 


f:id:onsoni:20210404165719g:image

サンダー@するどいくちばし

性格:ひかえめ

努力値:C252 S252 H4

技構成:ぼうふう/ほうでん/はねやすめ/かいでんぱ

 

 サンダーは最強だし、正直レジエレキより通りがよくて便利で入れ得。

 できるだけ上からかいでんぱを入れたかったので準速。

 初手ダイマックスで暴れたり、f:id:onsoni:20210405002911j:plainf:id:onsoni:20210405002913j:plainf:id:onsoni:20210405001206j:plainf:id:onsoni:20210404160616j:plain辺りの強力な特殊ポケをゴチルゼルと一緒にハメたり、あとは単純にまひ・こんらんを狙ったりこいつなんでもできるなダメでしょ。

 

 以上の6匹により、相手の伝説枠を一通り対策しつつやりたいことを押し付けるパーティが完成した。

 

 

 

【選出、立ち回り】

vsラプザシアンf:id:onsoni:20210405013944j:imagef:id:onsoni:20210405013536j:image

 構築単位で有利なので、相手にキョダイセンリツを張らせない初手レジエレキもしくはラプラスゴチルゼルでキャッチ。サイクルの中でしおふき読みラプラス読みの電気技を決めてしまってもよし。

 

vsムゲンダイナf:id:onsoni:20210405013549j:image

 攻撃型ムゲンダイナであればあまり怖くない。耐久型には初手フェローチェで上手く対面させて氷技ぶっぱが勝ち筋。氷技を見てヌオー等に引かれた場合、ゴチルゼル合わせでTODが決まる。

 

vs黒バドレックスf:id:onsoni:20210405013553j:image

 スカーフでなければレジエレキ、カイオーガ、S↑サンダー全員が上を取れるので有利。スカーフならダイマックスで耐えつつ倒せるし、相手はダイマックスをするとSが下がるので普通に戦えば負けないはず。

 

vs白バドレックスf:id:onsoni:20210405013556j:image

 アタッカー組が対面性能で負けてしまっているのでナットレイダイマックスを合わせる。またはどうにか相手のダイマックスターンを稼ぎつつ削り、切れたころにレジエレキ、カイオーガで上から倒す。

 

vsゼルネアスf:id:onsoni:20210405013604j:image

 壁要因ごとレジエレキのダイサンダーで倒す。ただしラグゼルネf:id:onsoni:20210405020839j:imagef:id:onsoni:20210405013604j:plainのパターンがつらく、初手レジエレキ選出ができないため初手カイオーガしおふきでラグ処理、ナットレイダイマックス+レジエレキのしんそくでゼルネアスを倒しきれれば、という感じ。

 

vsイベルタルf:id:onsoni:20210405013607j:image

 レジエレキのおかげで特別キツくはないが、ゴチルゼルが何もできない点だけ注意。

 

 

vsジガルデf:id:onsoni:20210405031734j:image

 カイオーガ、サンダー、フェローチェナットレイが有利を取れている。 

 f:id:onsoni:20210405024152j:plainf:id:onsoni:20210405024155j:plain辺りと一緒にサイクルを回されると面倒なので、ナットレイは選出するように気を付けた。

vsホワイトキュレムf:id:onsoni:20210405002913j:plain

 アタッカー組不利。相手にこいつがいる場合必ず選出されるため、こちらもサンダーゴチルゼル選出に絞ってしまって大丈夫。

 

vsブラックキュレムゼクロムf:id:onsoni:20210405005415j:plainf:id:onsoni:20210405005413j:plain

 ナットレイ有利。ナットレイしか有利じゃないので重いといえば重い。というか数が少ないのでそこまで対策をしていないし、ナットレイが有利。ナットレイゲシュタルト崩壊しがちだな?

vsディアルガf:id:onsoni:20210405002911j:plain

 こいつも入っていれば必ず選出されるためサンダーゴチルでOK。てっていこうせんで自主退場されると残念な気持ちになる。


vsカイオーガf:id:onsoni:20210404160619j:plain

  マジで怖くない。レジエレキに合わせてくるチョッキらしきカイオーガも物理型なので関係ないし、スカーフでも抜いているので負け方の方が少ない。

 

vsホウオウf:id:onsoni:20210405013651j:plain

 これもまた負け方の方が少ない。受けループに入っていることが多いが、取り巻きのf:id:onsoni:20210405024155j:imagef:id:onsoni:20210405024152j:imagef:id:onsoni:20210405024158j:imagef:id:onsoni:20210405024202j:imagef:id:onsoni:20210405024205j:imagef:id:onsoni:20210405024222j:imageほぼ全員レジエレキで完結しているし、ヌオーはゴチルゼルで終了。

 

vsルギアf:id:onsoni:20210405013648j:plain

 地面タイプとルギアのサイクルが強く、レジエレキに安易な居座りをしない人には勝ち筋が薄い。数的有利が取れていればゴチルゼルで済むが、立ち回りが固い人は数的有利を取らせてくれない。個体数が少ないためある程度無視することも大事。

 

【成績】

最終207位/レート2002

f:id:onsoni:20210405032719p:image

 

【最後に】

 勝率7割のくせにレート2000で止めてしまったのはさすがにもったいなかったと後悔しているので、びびりじゃない人にラスト1か月託します。

 ぜひ使ってみてください。

 

 それでは閲覧ありがとうございました。

 

 

ポケモン仲間たくさんほしいのでよろしくお願いします!

↓↓

twitter:@hassaleh_kao

【剣盾シングルS14】初手ダイマ+トリルメレノラゴン【最終849位/レート1901】

 

 

f:id:onsoni:20210202020057j:image

 

おんそにと申します。

初手ダイマからのメレシーウオノラゴン選出と、非トリルの裏選出という形がとても強力だったので公開します。

ミミノラゴンが使いにくいよという方におすすめです。

 

【構築経緯】

 

できるだけ簡単に勝ちたかったためラプミミノラゴンを試した。しかしミミッキュのことを誰も倒そうとしてくれないので永遠にトリルターンだけが過ぎ、他に良いトリックルーマーがいないか探していたところ自主退場できる頑丈メレシーと目が合った。

初手ダイマの枠はラプラス対策として出てくる格闘や特殊受けたちを裏切るABレジエレキと、止めることが非常に難しいポケモンとして精神力カイリューを採用した。

残り1枠のカミツルギに関してはウオノラゴン対策のポケモンに強い枠として採用したらまあ負けなくなった。

 

【個別解説】

 

f:id:onsoni:20210202032301g:image

レジエレキ@じしゃく

 

性格:やんちゃ

実数値:158(20)-165(236)-102(252)-120-63-220

技構成:ワイルドボルト/サンダープリズン/しんそく/ボルトチェンジ

 

初手ダイマ枠ではあるが、ダイマなしでも戦えるようB極振り。

初手に出てきやすいウーラオスフェローチェに対してはサンダープリズンで逃がさずに殴り勝てる。

基本は初手で物理ダイサンダーを撃つことで無理やり一匹落としたり、後投げされるf:id:onsoni:20210202034625j:imagef:id:onsoni:20210202034630j:imagef:id:onsoni:20210202034633j:image辺りの特殊受けと思わしきポケモンを倒したりとeasy win量産ポケモンだった。

他には壁展開するタイプの相手にも強く、無駄にひかりのかべを張らせて気持ちよくなる試合が多々あり。なぜかどう見ても特殊型にしか見えない不思議。

ラプノラゴンが地面の選出を抑制するためよく刺さった。

超可愛い。

 

f:id:onsoni:20210202032332j:image

カイリュー@いのちのたま

 

性格:いじっぱり

特性:せいしんりょく

実数値:167(4)-204(252)-115-×-120-132(252)

技構成:ダブルウイング/ばかぢから/かみなりパンチ/れいとうパンチ

 

初手ダイマ枠。

技範囲が広く火力も高いため受けづらく、初手ダイマの適性が高い。

ラプラスを見て初手に選出されるゴリランダーに対し、ダイナックルを撃つことで型を読み間違えて後投げされるf:id:onsoni:20210202042050j:imagef:id:onsoni:20210202042055j:imagef:id:onsoni:20210202042058j:imagef:id:onsoni:20210202042101j:image等を起点にしていく。

ランドレヒレ止まらないように特性は精神力にし、2色パンチで採用した。

欠点はダイマが切れた後の素の技の威力が低いこと。

 

f:id:onsoni:20210202032336g:image

ラプラスじゃくてんほけん

 

性格:ひかえめ

特性:うるおいボディ

実数値:205-×-132(252)-146(220)-115-85(36)

技構成:ぜったいれいど/フリーズドライ/うたかたのアリア/こおりのつぶて

 

だいたい初手ダイマ

調整は有名なやつ。

単純な対面性能の高い初手ダイマとして使いたいため弱保を持たせた。

特性はHDカバルドン対面であくびに屈したくないためうるおいボディ。

ゴリランダーの鉢巻ウドハンを耐えるまでBに厚くしたかったが、そんな余裕はなかった。

みんな受けポケを投げてくるわ、サンダーはかいでんぱ撃ってくるわでつらぃ。。。ぜったぃれぃどしょ。。。

ダイマしていいのかダメなのか初手から択が発生する点が弱かった。

f:id:onsoni:20210202032353j:image

メレシー@パワフルハーブ

 

性格:れいせい

特性:がんじょう

実数値:157(252)-×-170-112(252)-171(4)-49

技構成:ミストバースト/メテオビーム/トリックルーム/ステルスロック

 

ミミッキュに代わって採用したトリル使い。

頑丈、自主退場技、トリル、ステロ持ちとかいう唯一無二すぎる性能を持つ割にハチャメチャにマイナー。

メレシーが有能ですよという事実を伝えるために記事にしたといっても差し支えない。

基本的な動きは頑丈で安全にトリルを張りつつ、ミミッキュの皮を剥いだりなんかしつつ自主退場し、ウオノラゴンに3ターン残すこと。

メレシーといえば壁張り型、HBボディプレ採用型、HCメテオビーム型があるが、色々試した結果HC型に。メテオビームは無振りサンダー程度なら124.8%~149.0%入るくらい火力が出るので稀に使用する。ウオノラゴンの苦手なカイリューにそこそこ強い点も相性が良い。

ステロのタイミングに関しては、目の前の相手に削りを入れる必要がなく、かつ必ず相手がメレシーを落としてくれる場面で使用する。それ以外ならウオノラゴンに3ターン残した方が強い試合が多い。

やれることが柔軟でトリルパ特有の3対2で戦ってる感が少ないにも関わらずここまでマイナーなのは、食わず嫌いで使ったことない人が多いのかなと思った。

しかもよく見たら可愛い。

かなりおすすめです。

 

f:id:onsoni:20210202032415g:image

ウオノラゴン@こだわりハチマキ

 

性格:ゆうかん

特性:がんじょうあご

実数値:197(252)-156(252)-121(4)-×-100-72

技構成:エラがみ/げきりん/きゅうけつ/かみくだく

 

最遅個体を使用。

強すぎた。

こいつより遅いポリ2が多いので注意する。

極めてなにか生命に対する侮辱を感じる。

 

f:id:onsoni:20210202032428j:image

カミツルギきあいのタスキ

 

性格:ようき

実数値:135(4)-233(252)-151-×-51-177(252)

技構成:リーフブレード/せいなるつるぎ/スマートホーン/つるぎのまい

 

最終日深夜に採用した結果そこから連勝が絶えなかった。

メレノラゴンの負け筋は単純で、ラス1にミミッキュやレヒレナットレイを隠して取っておかれることだとだったのでそれらに強いカミツルギを採用した。

ラプメレノラゴンの選出強制力が異常なため相当刺さったように感じた。

実際最終日ラスト10試合くらいは初手ダイマ+カミツルギの非トリル選出で勝った試合が多い。

ウオノラゴンと同時選出こそ少ないものの相手の選出に刺さるという意味で相性はかなり◎

 

【選出】

 

  • 表選出

 f:id:onsoni:20210202064535j:imagef:id:onsoni:20210202064542j:imagef:id:onsoni:20210202064549j:image+f:id:onsoni:20210202064616j:image+f:id:onsoni:20210202064622j:image

  • 裏選出 

       初手ダイマ+f:id:onsoni:20210202064542j:imagef:id:onsoni:20210202064535j:image+f:id:onsoni:20210202064714j:image

 

【成績】

最終849位/レート1901

f:id:onsoni:20210202065740p:image

 

 

【最後に】

 

勝ち始めたのが最終日の深夜なので微妙な成績になってしまいました。

あれこれ書きましたが初手ダイマ+メレノラゴン、初手ダイマ+カミツルギの2ルートを用意しておくこんな感じのパーティがなかなか簡単で使いやすかったのでおすすめです。

 

それでは閲覧ありがとうございました。 

 

Twitter @hassaleh_kao

 

【剣盾シングルS8】レントラー入りサイクル&対面パ【最終301位/レート2013】

 


f:id:onsoni:20200801200051j:plain

 

おんそにと申します。
初めて最終レート2000を達成できたので記事にしました。

3桁くらいまではさくさく勝て、かつパーティ全体の技構成がほぼ攻撃技でありあまり難しいことを考えなくていいため初心者の方にもおすすめです。

 

 

【構築経緯】

 

  • カバの後出しに対応できるエースバーンとしてラムエースバーンf:id:onsoni:20200801203034j:plain
  • エースバーンが物理なので特殊ダイマエースとして全てを上から殴れるかつ高スタッツな珠ドラパルトf:id:onsoni:20200801154413j:plain
  • 初手に出す駒が欲しかったため襷いちげきウーラオスf:id:onsoni:20200801203021j:plain
  • サイクル戦に参加でき、後半は自身が掃除役にもなれる鉢巻ゴリランダーf:id:onsoni:20200801202921j:plain
  • トゲキッスが激重なのでチョッキジバコイルf:id:onsoni:20200801202956j:plain
  • エースバーンをはじめとした相手のダイマエースを無力化し、こちらのエースに繋ぐことができたら負けないのではと思いオボンレントラーf:id:onsoni:20200801203104j:plain

 

【個別解説】

 

f:id:onsoni:20200801203054g:plain

エースバーン@ラムのみ ※キョダイ

特性:リベロ

性格:ようき

実数値:155-168(252)-95-×-96(4)-188(252)

技構成:かえんボール/とびはねる/とびひざげり/ふいうち

 

現代版レートの主人公。入れ得。

いのちのたまで使用したことがあるが、あまりにもカバルドンを後出しされるので逆に起点にしてやろうと思いラムを食べながらダイナックルで積む方向に転換した。

以前は相手にカバがいるだけで選出を躊躇していたがラムのみを持たせてから選出率が一気に上がった。

今のランクマッチはどちらがエースバーンを腐らせず通すかどうかで勝敗が決まることが多く、それほど強力なポケモンなのでそもそもの選出率が上がれば自然と勝率も上がるな~と使っていて感じた。

火力アップアイテムがない分ダイマックス同士の殴り合いで火力不足を感じたが、落とされても後続のゴリランダーやウーラオスの先制技で十分取り返せるためなんとかなった。

A3段階上昇かえんボールの火力は無振りダイマトゲキッス76.8~90.9%入る程度。カバで積み相手の後続のダイマックスに対して削りを入れ、ゴリランダーorウーラオスで倒し数的有利を取っていく流れが強力だった。

 

 

f:id:onsoni:20200801232223g:image

ドラパルト@いのちのたま

特性:すりぬけ

性格:おくびょう

実数値:163-×- 95-152(252)-96(4)-213(252)

技構成:りゅうせいぐん/シャドーボール/だいもんじ/10万ボルト

 

特殊のダイマエースとして採用。

エースバーンの苦手なパッチラゴンドヒドイデ入りいかく持ち、他には壁展開に対して出す。S1段階上昇パッチラゴンには抜かれない。

りゅせいぐんが無振りダイマパッチラゴンに対し乱数1発(87.5%)、ダイサンダー(130)が

HDドヒドイデに対し57.9~69.4%、ダイドラグーン(140)がHBポリゴン2に対し乱数2発(87.8%)

エースとして仕事ができる程度の火力はちゃんとある。

環境的に最速ドラパルトが減っているのか、すべてのミラーで勝った。

技構成は炎枠が火力重視でだいもんじ採用なのに対し、電気枠はドヒドイデに対してかみなりを一回でも外したくないので10万を採用した。

特殊型が読まれにくく、物理受けを後出しされることが多いので数的有利が取りやすかった。

 

f:id:onsoni:20200801203009g:plain

ウーラオス(いちげきのかた)@きあいのタスキ ※キョダイ

特性:ふかしのこぶし

性格:ようき

実数値:176(4)-182(252)-120-×-80-163(252)

技構成:あんこくきょうだ/インファイト/ふいうち/カウンター

 

先発安定ポケモン

初手ダイマックスしがちな物理エースバーンドラパルトパッチラゴンポリゴン系統などに強い。いつもカバに引かれて砂でタスキがなくなる。あとカウンターは当然読まれる。特殊エースバーンに何度も泣かされた。

相手にトゲキッスがいる場合は初手で対面する率が異常なので必ずジバコイルを後ろに用意しておかないと崩壊する。

基本的な立ち回りは1:1交換を狙い、散り際にふいうちで後続を削りつつこちらのダイマックスを通していく対面的な戦い方。しかしSが高いことや一致ふいうちが強力なこともあり、HPが1でも残っていればサイクルの中でも仕事ができるため安易に捨てない。臨機応変に戦えてたのしいポケモン

欠点はカバルドントゲキッスに弱いため選出が窮屈になる点。f:id:onsoni:20200801203021j:plainf:id:onsoni:20200801202921j:plainf:id:onsoni:20200801202956j:plainの並びで対応する試合が多いが、いかにもエースバーンで崩壊しそうな選出である。ウーラオスでカウンターを狙うか、ジバコイルダイマックスを切って無理やりダメージを入れることで対応した。

 

 

f:id:onsoni:20200801202926g:plain

ゴリランダー@こだわりハチマキ ※キョダイ

特性:グラスメイカ

性格:いじっぱり

実数値:187(92)-194(252)-110-×-90-126(166)

調整意図:S1段階下降エースバーン+1 余りH

技構成:グラススライダー/ドラムアタック/ウッドハンマー/とんぼがえり

 

性能がおかしいポケモン

序盤はサイクルで相手に負荷をかけ、終盤は自身がスイーパーを担う一人二役

グラスフィールドのおかげでこちらのサイクル回しが少し楽になる。

ちなみにこいつのドラムアタックの火力ってみなさんご存じでしょうか。耐久無振りのエースバーンに58.0~68.3%、ドラパルトに55.2~65.0%トゲキッス46.2~54.3%、あのHBポリゴン2ですら50.0~59.3%で全然受かってないんですよね。

HBカバルドンウッドハンマーでなければ確1は取れないが、それでも相手視点は明確な物理草技受けがいなければ引けないのが本当に強い。

地面に強く飛行に弱い点で後述の電気2体と相性がいい。

技構成に関してはサイクル要素としてとんぼがえりを採用したがほぼ草技をぶっぱしていた。

 

f:id:onsoni:20200801202946g:plain

ジバコイルとつげきチョッキ

特性:アナライズ

性格:ひかえめ

実数値:175(236)-×-135-200(252)-110-83(20)

調整意図:H16n-1 S4振りバンギラス抜き

技構成:かみなり/ボルトチェンジ/ラスターカノン/ボディプレス

 

調整がへたくそポケモンNO.1枠。なのに選出率NO.1でもあるポケモン

普通に最遅でいい。

トゲキッス入りにはほぼ選出した。ポリゴン2に対してお茶を濁す枠でもある。

最終日前日までは10万ボルトだった枠をかみなりに変更することでダイサンダー(140)で無振りダイマトゲキッス乱数1発(68.7%)まで火力を上げたが、それだけで負けなくなった。ライジングボルトとは相性が悪い。

ダイマックスしてもトゲキッスダイジェット+ダイバーン+晴れダイバーンは耐えない。ダイマなしの耐久だとC特化珠トゲキッスのダイバーン(140)が乱数1発(37.5%)だったり、C特化ポリゴン2の1段階上昇ダイアタック(130)で乱数3発(99.3%)だったりするので意外と耐久がない。Sなんか振らずにDに振ろう。

できれば先発トゲキッスに合わせてこちらも先発で対面させたい。地面に強いゴリランダーを控えに用意したり、エースバーンを止められるレントラーを用意しておくことで初手ジバコイル選出も少なくなかった。もしトゲキッスと対面できたとしても地面バック読みで有利対面ラスターカノンが濃厚。いきなりダイバーンから入る人はいなかったし、仮に撃たれてもこちらのラスターカノンで半分ほど削れる点やダイマターンを2ターン消費させる点でむしろメリットが大きいと考えた。

ダイスチル連打でBを積みボディプレスでポリゴン2を突破する試合が一回だけあった。

 

f:id:onsoni:20200801203117g:plain

レントラー@オボンのみ

特性:いかく

性格:のんき

実数値:187(252)-125-144(252)-116(4)-99-67

技構成:ボルトチェンジ/つぶらなひとみ/でんじは/まもる

 

かわいい。かわいいポケモンがいなければランクマッチなんてやってられない。

相手の物理エースのダイマックスターンをこのポケモンで枯らせた試合はもう負けない。

主な仕事はダイジェットに対して受け出しをしてまもるとぴえんを駆使し、ボルトチェンジでこちらの後発ダイマックスに繋ぐこと。

同じいかく持ちで対面操作ができるガオガエンと迷ったがギャラドスに強いこと、エースバーンのダイナックルに対応できることを踏まえてレントラーを選んだ。

電気タイプではあるがトゲキッスに弱いため、ジバコイルと同時選出もよくあった。

相手に地面タイプがいない試合は出し得。

バンビーさんが動画に出しておりシーズン終盤で一気に知名度が上がってしまい焦ったがそれでもかなり活躍してくれた。

 

 

【選出】

 

このパーティは基本選出こそないが、それぞれのポケモンの弱点がハッキリとしているためどのように選出すれば崩壊されないかを考えた。

また選出画面でしっかりとゲームプランを考えるようにした。上からエースバーン・ドラパルトで制圧するのか、ジバコイルで相手のダイマックスを受けて切り返しのダイマックスでダメージを入れておくのか。いずれにしても常に「グラススライダー圏内」「ふいうち圏内」を意識して数的有利を取っていく立ち回りが強力だった。

 

 

【成績】

 

TN:おんそに

最終順位:301位 最終レート2013

f:id:onsoni:20200802135700p:imagef:id:onsoni:20200802135730j:image

 

 

 

【最後に】

 

鎧の孤島が発売されて初めてのシーズンに、みなさんが何を感じたのか気になります。

エースバーン、ゴリランダーの超火力、ポリゴン2の超耐久の前では半端なポケモンでは太刀打ちできなくなりました。

結果、まじで同じポケモンしか見なくなりました。

好きなポケモンで勝ちたい私にとってはなんだかなぁという感じです。

なにはともあれ、私事ですが社会人でもそこそこ勝てるということが証明されてよかったです。

閲覧いただきありがとうございました。

 

Twitter @hassaleh_kao